バンコクで人気No.1のゴーゴーバー「ナナプラザ」の遊び方

公開日: : 最終更新日:2016/12/17 アジア, タイ, 風俗

タイはゴーゴーバー天国です。

タイの首都バンコクにゴーゴーバーが密集している場所があります。今回は、ナナプラザでの遊び方について紹介します。

ナナプラザ

 

ナナ・プラザ (英語: NANA PLAZA) は、タイの首都バンコクの歓楽街の一つです。ナナプラザにはゴーゴーバーが何十件もあり、タイでの風俗遊びは非常に簡単です。

料金

ナナプラザで3件ほどバーをハシゴして、最後に女の子を自分の泊まっているホテルに連れ込み一発ヤるには、3,500B〜5,200B(12,000円〜18,000円)ぐらい必要になります。

ナナプラザで遊ぶと以下4つの料金がかかります。

  1. 自分のドリンク代 1杯150B(500円)
  2. 女の子のドリンク代 1杯150B(500円)
  3. お店に支払うお金 600B〜800B (2,000円〜3,000円)
  4. 女の子に支払うお金 2000B〜3500B(7,000円〜11,000円)

 

ショートかロングで値段は違います。ショートはホテルに連れ帰って1発ヤッてバイバイ。ロングは朝までやり放題。ショートは2,000Bぐらい、ロングは3,500Bぐらいかかります。女の子との交渉になります。

12,000円払って可愛いお姉ちゃんたちと楽しくお酒を飲んで、最後にホテルに連れ帰って一発やれる風俗と、12,000円払って可愛いお姉ちゃんたちとお酒は飲めるが、エッチは出来ない日本のキャバクラと比べれば、タイは最高ですね!!

場所

電車で行くには、BTSナナ駅を降りて徒歩5分で行けます。タクシーで行く場合は、タクシーのドライバーに「ナナ プラザ プリーズ」で通じます。タイはタクシー代が安いので、初めての人はタクシーがいいです。

[mappress mapid=”26″]

時間帯

19時から営業開始、深夜2時に閉店します。あまり早く行き過ぎても女の子が出勤してないので、21時ぐらいに行くのがいい。

お店での流れ

ナナプラザ初めての人は「レインボー4(Rainbow4)」or「レインボー2(Rainbow2)」というお店に入りましょう。レインボーは日本人好みの女の子が多数在籍しています。レディーボーイを見てみた人は「オブセッション(Obsession)」。

お店に入り、店員に促され席につき自分のドリンクを頼みます。あとはお酒を飲みながら、可愛い女の子がステージ上でダンスしているので堪能しましょう。可愛い子がいたら、店員を呼び指名します。

指名した子にドリンクを奢ってあげてトーク開始。ちょっと話し手自分のホテルに連れて帰って一発やりたいな〜と思えば後は、女の子をホテルに誘えばOK。女の子が店員を呼んで後は会計するだけ。女の子が私服に着替えてくるのをまち、女の子がやってきたらお店から出てタクシーを捕まえてホテルに向かえばOK。

自分の泊まっているホテルじゃなくても、ナナプラザにホテルがあるので500B払えば利用出来ます。

いいなーと思ったら直に自分の隣に付けて話をしましょう。合わないと思ったらリリース。いろいろなバーを巡り歩くのもいいですが、疲れてしまい、可愛い子もどんどん連れ出されてしまい、最終的にエッチが出来ないなんてことになってしまうので、恥ずかしがらず積極的に行動するのがよいです。


PAGE TOP ↑